口腔内で巻き起こるトラブルを矯正歯科で解決

不正咬合が原因の口腔内トラブルを矯正歯科で対策し解決する

複数ある不正咬合とそれに伴う口腔トラブル

不正咬合と言っても複数の症状があります。その1つ1つが見た目も悪く、また口腔トラブルを引き起こしてしまう大きな原因となります。出っ歯や歯と歯の間にすき間が見えるのも不正咬合の特徴で、それぞれに異なったトラブルが存在します。一部のトラブルを紹介しますので、富山の矯正歯科専門医へ伝える手助けにしてください。

口腔内で巻き起こるトラブルを矯正歯科で解決

矯正

上顎前突

出っ歯と呼ばれる症状は上顎前突と名前の付いた不正咬合です。その名前の通り、上顎の歯が前に突き出しているのが特徴です。これは長い時間指しゃぶり等を行う事により、指の形に歯が押し上げられ、異常な角度に成長したのが主な原因とされています。主な治療対策としては矯正装置の装着やマウスピース型の矯正装置を装着する事で矯正治療を行っています。

開咬

奥歯は噛み合っている状態なのに、前歯の上下が噛み合っていない状態を開咬と言います。前歯が噛み合わず、開いた状態となっている為に、食べ物を噛み切る事が難しいです。主な発症原因として子供の頃からおしゃぶりや口呼吸等が挙げられています。治療対策として矯正装置を装着する他に、歯を少し削る事でバランスを見る治療を行っています。

広告募集中